細いのがお好き?太いのがお好き?それともかき混ぜる?
いつもより美味しい珈琲を飲んでいただくためのコーナー「コーヒーライフ」。
今回は、珈琲を淹れるときのお湯の注ぎ方についてまとめてみます。

難しく考えないで入れるといいよ

しょっぱなから身も蓋も無いことを言いますが、自分の注ぎたいように注いでください。
よく言われるのが、粉をふくらませてそれを崩さないようにお湯を淹れるということなんですが、最近ではいろいろな入れ方が出てきましたようで。
色々と入れ方を試してみたのですが、僕の場合は、昔ながらの細く淹れる方法に落ち着きました。だって入れてる時に気持ちいいし。

とは言え、人それぞれ好きな味の出る淹れ方や、楽しくテンションが上がる淹れ方があるはずなので、とりあえず全部試したらいいと思うよ。
っていうか、難しく考えないで。

細く淹れる


まずは、これが一番オーソドックスな淹れ方、だと思います。
新鮮な珈琲豆だと淹れると炭酸ガスが出て膨らむので、その膨らみを壊さないようにじっくりお湯を注ぎ入れるのがポイント。

番外編として、お湯を置くように淹れるやり方もあります。

一滴一滴丁寧に抽出してる感じがしてとてもGOOD。京都のFACTORY KAFE 工船さんが、このような淹れ方で、濃度の高い珈琲を淹れてらっしゃいます。

あと、動画はないんですが、天空唐滝割!みたいな感じで、お湯を叩きつけるようにして淹れる方もいらっしゃるようです。
神戸市花隈の喫茶店「はた珈琲」さんの若いマスターさんがこの方法をやってらっしゃいました。大変美味しかったです。

太く淹れる

これは動画が見つかりませんでしたが、ドリップポットを使わずに薬缶から直接入れる方法。ドボドボッと出るのでなれないと難しいです。
1回あたりドボドボッと湯の量を多く出すため、何回かに分けて入れるような感じです。

かき混ぜる


これはNew!っていう感じです。PourOverという淹れ方だそうで、アメリカ西海岸でスタンダードな珈琲の淹れ方だそうです。だそうですと言うのは西海岸にいったこと無いしネットで調べただけなので。
コーヒーの粉が全て湯に使っている状態なので、苦味酸味甘味香りコクなど全てが出ている感じがします。珈琲豆の全てを出してる感じですね。
ただ気になるのは、西海岸の珈琲は浅煎りがスタンダードなためこの淹れ方があってるのでは?と思っています。深煎りだと苦味が強く出すぎる感じがしています。深煎りでこの淹れ方をしたい場合は、少し薄い目に淹れたほうが、さわやかな感じになります。

とりあえずこう入れればOK

ここでは薀蓄を語るつもりはありませんので、こうすればOKという、まずは基本中の基本を書いておきますね。

1.フィルターから1,2的滴る程度まで、お湯を回し入れる。
2.このまま蒸らす。大体2〜30秒。炭酸ガスが落ち着いたな〜ってくらいでOKです。
3.周りの土手を崩さないようにゆっくりとお湯を回し入れる。お湯を入れるスピードは、コーヒーサーバーに落ちる湯量と同じ程度。

これでOKです。新鮮な珈琲豆だと膨らんで楽しい。
お湯の量は、珈琲豆の量に合わせて調整してください。

ちなみに、さっきから楽しい、楽しい、と言ってますが、とにかく楽しいのが一番です。
美味しいけど面倒な淹れ方、と言うのは、僕は続かない。とにかく手軽で楽しく口に合う。これが続くコツです。