GRAVISのシューズ

Gravis-グラビス公式サイト。サーフィン、スケートボード、スノーボード、アートを軸に、シューズ、バッグ、アパレル製品を展開するライフスタイルブランド。

GRAVISは自らのクラシックスタイルをベースにしながら、先進的デザインとテクノロジーでアップデートすることにより、ベストなものを日々進化させています。世界中を飛び回り、冒険や発券を求めるクリエイティブな人間が集うGRAVISファミリー。彼らとともに開発や研究を重ね、ディテールとスタイルにこだわったフットウェア、バッグ、そしてラゲージは、ライフスタイルをプレミアムにします。GRAVISのDNAは、スケート、スノー、サーフ、そしてアートの4つの要素に根ざし、それらによって構成されているのです。GRAVIS MAKES PREMIUM LIFE.

というわけでGravisというところのシューズを購入しました。

RECON MID | Footwear | Gravis グラビス

このシリーズですね。スケートシューズです。RECON MIDってなんだろう?直訳すると、
RECON=reconnoiter=偵察する
MID=中央の,中部の,中間の

意味はよくわかりませんが、とにかくリーコンミッドです。ちなみにRECONというラインも有るようです。
RECON

GRAVISとはどういうブランドなのか?
BURTON/GRAVIS|RECON MID|Stylife(スタイライフ)979470

「GRAVIS(グラビス)」
スノーボードカンパニー「BURTON」のライフスタイルシューズブランドとして1998年に誕生。
ボードカルチャーやアート、ミュージックを愛するアーティストやプロアスリートからのアイデアにインスパイアされた、シューズ、バッグ、フットウェア、トラベルバッグなどを展開します。

「BURTON(バートン)」
1977年、ジェイク・バートン・カーペンターが、アメリカ・バーモント州で設立したスノーボードブランド。
スノーボードギアとスノーボードライフスタイルに関連する業界トップのプロダクトをデザインし、スノーボード、バインディング、ブーツ、アウターウェア、レイヤリングなどの他に、通年で活躍するアパレル、バッグやアクセサリーなどを展開します。

GRAVISっていうのは、BURTONのなかの1つのブランドなんですね。

BURTON

なお、取扱店はこちらのショップインフォにかかれてます。
Shops | Gravis グラビス

ちなみに、下のページを見てみると、日本の有名なスケーターの方がこのブランドに所属されているとのこと。

GRAVIS – RECON MID & RECON :: スケボー情報ウェブマガジン VHSMAG

奥野健也、村岡洋樹、山崎祥太、荒畑潤一、金子次郎等といった人気スケーターが所属するスケートシューズブランドのGRAVIS

記事の年代がわからないので現時点では違うかもしれませんが、こちらに載ってる方々を少し調べてみました。

■奥野健也さん

KENYA OKUNO | Gravis グラビス

Kenya Okuno 奥野健也 – FEATURES :: スケボー情報ウェブマガジン VHSMAG

奥野健也さんのカッコイイスケートライディング。

奥野健也さんのTwitter
奥野健也さんのブログ

■村岡洋樹さん
HIROKI MURAOKA | Gravis グラビス

村岡洋樹さんのカッコイイスケートライディング。

村岡洋樹さんのTwitter
村岡洋樹さんのInstagram
村岡洋樹さんのブログ

■山崎祥太さん
SHOTA YAMAZAKI | Gravis グラビス

VHSMAG当サイトの中にあるTHE FIRSTS?というコンテンツの山崎祥太さん
Shota Yamazaki 山崎祥太 – THE FIRSTS :: スケボー情報ウェブマガジン VHSMAG

山崎祥太さんのカッコイイスケートライディング。

こちらも。

山崎祥太さんのTwitter
山崎祥太さんのブログ

本も出してらっしゃるようです。

次世代スケーター山崎祥太が教えるスケートボードハウツー決定版 Basic Foot! [DVD]

■荒畑潤一さん

JUNICHI ARAHATA | Gravis グラビス

荒畑潤一が主催するOASIS CUP VOL.11が7月27日に開催決定! | スケートボードウェブマガジン RUA MAGAZINE(ルア マガジン)

100万人の英語というサイトの「英語とアスリート達」というコンテンツに、荒畑さんのインタビューがありました。
vol.19 荒畑潤一 | 英語とアスリート達 | 100万人の英語

VHSMAG当サイトの中にあるTHE FIRSTS?というコンテンツの荒畑潤一さん

荒畑潤一さんのスケート歴25周年を記念した映像だそうです。

荒畑潤一さんのブログ

■金子次郎さん

JIRO KANEKO | Gravis グラビス

VHSMAGというサイト内のPickup。

Jiro Kaneko 金子次郎 – PICK UPS :: スケボー情報ウェブマガジン VHSMAG

かっこええ・・・。
深夜の東京ストリートの真骨頂 TORIOTOKOから最新作が到着! | スケートボードウェブマガジン RUA MAGAZINE(ルア マガジン)

金子次郎さんのカッコイイスケートライディング。ベルリンでの撮影だそうです。

こちらは上でご紹介した村岡洋樹さんと金子次郎さんの台湾での撮影だそうです。

Hiroki & Jiro in Taipei 2014 from Gravis Footwear on Vimeo.