焙煎の度合いによって驚くほど味が違うって、知ってました?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

珈琲を飲んでても普通は興味がわかないであろう焙煎のお話をしていくコーナー「焙煎のあれこれ」です。
まだまだ新米焙煎家ですが、新米だからこそ、焙煎をしていない方の目線に立った情報を提供できるだろう、というなんともチャレンジングなコーナー。
今回は、珈琲豆をお買いいただく時にとても役立つ、焙煎度のお話です。

焙煎の段階

お肉の焼き方にもレア、ミディアム、ウェルダンがあるように珈琲にも焼き具合があるんです。
面白いことに同じ豆でも焼き具合で全く違った味わいに仕上がるのです。
焼き加減が浅いほど豆は明るい茶色で苦みが少なく酸味が楽しめる軽い味わいになり、しっかりと焼くほど豆は黒に近い濃い茶色になり苦みが強くコクのあるずっしりとした味わいの珈琲になります。

《浅煎り》
ライト 
シナモン
《中深煎り》
ミディアム 酸味が楽しめライトな口当たり
ハイ 最もスタンダードな焙煎度
シティ 酸味は抑えられ苦みやコクが感じられる味わい
《深煎り》
フルシティ ロースト感の強い味わい
フレンチ 苦みとコクを感じるずっしりとした味わい
イタリアン 酸味はなく香ばしさと苦みを感じる最も深い焙煎度

浅めの焙煎がいいか、深めの焙煎がいいか。
これは豆の個性や、味わいの好みによります。
酸味が好きな方にはミディアム〜ハイローストがオススメ。
苦みが好きな方にはフルシティ〜イタリアンローストがオススメです。

焙煎度合いはお好みで

焙煎は豆のいいところを活かして引き出す作業でもあります。
酸味が持ち味の豆は深く煎ってしまうと酸味が飛んでしまい、個性がなくなってしまうことも。
でも酸味が苦手なら深めに煎ったほうが美味しく感じたりするので、あえてちょっと深めに煎ってみたり。
機会があれば一種類の豆を違った焙煎の度合いで飲み比べてみると面白いですよ。

ちなみにわたしのお気に入りはエチオピア モカ イルガチャフィG2。
大抵モカは紅茶のようなすっきりとした酸味が楽しめるような味わいに焙煎されていることが多いのですが、ちょっと深めに焙煎することで甘みとコクがぐっと増すんです。
さすらい珈琲ではフルシティくらいに焙煎しています。
きっといつもと違った味わいのモカに出会えるはず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Amazon Link

Sponsored Link

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>