京都国際映画祭が開催されるようです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都国際映画祭が開催されるようです

京都国際映画祭 -映画もアートもその他もぜんぶ-

日時
2014年10月16日(木)~19日(日)

場所
よしもと祇園花月(メイン会場)
ホテルアンテルーム京都  9月5日(金)~28日(日)
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA  9月13日(土)~21日(日)
京都市役所前広場  10月16日(水)~19 日(日)
元・立誠小学校  10月16日(水)~19 日(日)
イオンモール 京都桂川  10月17日(金)~19日(日)
イオンシネマ 京都桂川(映画上映)  10月17日(金)~19日(日)
京都文化博物館  10月18日(土)・19日(日)
大江能楽堂  10月19日(日)
京都駅ビル

アクセス|京都国際映画祭 -映画もアートもその他もぜんぶ-

主催
京都国際映画祭実行委員会

運営
株式会社きょうのよしもと
※株式会社きょうのよしもとは、京都国際映画祭実行委員会より映画祭業務の運営委託を受けた会社です。

支援
京都市

特別後援
京都新聞、KBS京都

吉本興業プレスリリース | 2014年7月16日 第1回京都国際映画祭 開催概要決定のご報告

京都国際映画祭が三船敏郎賞を新設 モスト・リスペクト賞にC・イーストウッド : 映画ニュース – 映画.com

よしもとニュースセンター: 『京都国際映画祭』アート部門の先行企画『鉄拳のパラパラマンガの世界展』など3つの展覧会がスタート!

第1回京都国際映画祭 / HOTEL ANTEROOM KYOTO「安齋肇 X イチハラヒロコ展」 | ギャラリー9.5 | HOTEL ANTEROOM KYOTO

恵比寿ガーデンシネマが復活! 京都と広島では新たに国際映画祭が誕生…シアター事情|おたぽる

[京都国際映画祭]初開催に吉本興業会長意気込み「全世界に発信」 | マイナビニュース

「京都国際映画祭」開催へ 来秋、吉本興業が中心に – MSN産経ニュース

京都国際映画祭で巡る文化の秋〜【特集】京都国際映画祭2014|京都いいとこウェブ

映画もアートも京都から世界へ!「第1回京都国際映画祭」プログラム発表会見

京都・祇園に木村祐一、板尾創路らよしもと芸人が一堂に集結!-第1回京都国際映画祭

プレイベントは本日(2014年9月16日(水))時点ですでに始まっていて、ホテルアンテルーム京都(9月5日(金)~28日(日))では安齋肇×イチハラヒロコ展、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(9月13日(土)~21日(日)では「鉄拳」パラパラ漫画の世界展、宇治茶監督作品 映画 「燃える仏像人間」展、タイ北部に住む少数民族の子供たちの作品展、などのアート作品を見ることができます。

詳細は、アート部門|京都国際映画祭 -映画もアートもその他もぜんぶ- をご覧ください。

第一回ということで去年のレポートは無いのですが、プレスやニュースを見ているととても盛り上がりそうです。

記事を見ているうちに「京都映画祭」と「京都国際映画祭」の関係が気になったので調べてみました。

■京都映画祭
http://www.kyoto-filmfes.jp/
2013年からは「京都映像フォーラム」という名称に変わっています。

京都映画祭2012年のアーカイブはこちらから見ることができます。
http://www.kyoto-filmfes.jp/archive2012/
総合プロデュースは映画監督の中島貞夫氏。

・京都映像フォーラム
主催:京都市、京都映画映像活性化委員会
助成:芸術文化振興基金
特別協力:京都府京都文化博物館、京都シネマ

元々は「京都市民映画祭(Wikipedia)」という映画祭だったらしい。これが、京都映画祭へと引き継がれ、さらに今回の京都国際映画祭へ引き継がれたようです。

取材ノートから-京都新聞 京都映画祭終幕 映画都市再興へ精神継承を
文化報道部 長谷川真一

■京都国際映画祭(本記事の主題)
http://kiff.kyoto.jp/

「京都国際映画祭」の前身となる「京都映画祭」は、平成9(1997)年度から、「映画都市・京都」を世界に発信することを目的として、京都市の支援の下、映画監督 中島貞夫氏を中心に、映画都市・京都の歴史を振り返り、「日本映画発祥の地・京都」に蓄積されている人材・技術・経験を活かし、京都ならではの伝統文化・芸能を伝承しつつ、新たな映画文化の創造を図るべく開催されて参りました。
来たる平成26(2014)年10月、「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎながら、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画・アート・パフォーマンス・工芸・演芸などあらゆる分野にその対象を広げ、京都の皆様、京都を愛する皆様と一緒に楽しみ、新たな映画文化を創り上げたいと願い、「京都国際映画祭」として発展継承を図ります。そして京都から、アジアを含む全世界に向けて発信して参ります。
映画部門としては、「京都映画祭」から継承いたします牧野省三賞などの他に、新設の三船敏郎賞等を設けると共に、クラシック映画、京都映画特集と、京都らしく幅広い上映を目指します。

とのことで、「京都映画祭」が終わりを迎えたことを受けて新企画として発足したようですね。

おまけその1

■京都国際映画祭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A5%AD
Wikipediaに掲載されている通り、1994年9月24日(土)から10月2日(日)に行われた東京国際映画祭開催にあたり平安建都1200年を記念して、この年は京都で行った、ということの模様。今回のものとは名称は同じだけど別物。
正式には「京都国際映画祭/第7回東京国際映画祭 – 京都大会」

■京都国際学生映画祭
http://www.consortium.or.jp/project/kisfvf/details
大学コンソーシアム京都が主催している、学生が主体となった映画祭。

近々「第17回 京都国際学生映画祭」が開催される模様。
Kyoto International Student Film & Video Festival 2014

2014年11月22日(土)~28日(金)

主催
公益財団法人 大学コンソーシアム京都

企画運営
京都国際学生映画祭実行委員会

運営支援
京都国際学生映画祭企画検討委員会

助成
芸術文化振興基金(申請中)

連  携
東京学生映画祭/TOHOシネマズ学生映画祭/日本学生映画祭/春の高校放送フェスティバル in Kyoto/京丹後フィルムコミッション/カモシネマ10/田辺・弁慶映画祭

おまけその2
■京都ヒストリカ映画祭
http://www.historica-kyoto.com/

名称:京都ヒストリカ国際映画祭/ Kyoto HISTORICA International Film Festival (KHIFF)

歴史物のみの世界でただひとつの”歴史”にこだわった映画祭。去年の情報は公開されているけど、今年の情報はまだ公開されていない。

期間: 2013年11月30日~12月8日

会場:京都文化博物館、T・ジョイ京都、MOVIX京都

主催:京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会
(東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所、京都府、立命館大学、京都文化博物館、株式会社東映京都スタジオ)

共催:KYOTO CMEX実行委員会

2013年のレポートはこちらでご覧いただくことができます。

historica_report | HISTORICA2013

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Amazon Link

Sponsored Link

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>