FACTORY KAFE工船さんに行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FACTORY KAFE工船

というわけで、KAFE工船さんに行ってきました。

FACTORY KAFE工船

場所はここ。京阪電鉄出町柳駅で下車。歩いて15分くらいのところにあります。

こちらの恵文社さんのサイト内に店主の瀬戸さんのインタビューを交えた記事がありますので、ぜひご一読を。
恵文社一乗寺店|お店探訪:KAFE工船

こちらはKAFE工船さんのTwitter。先ほどフォローさせてもらったばっかりですが、面白いです。
https://twitter.com/kafekosen

また、どなたが更新されてるのか不明で恐縮なのですが、「welcome to sjt URL」というサイトの中に、こんなコンテンツがあったのでリンクはらせていただきます。
京都の定番珈琲って?(ここにも、珈琲仙人)
※URLを削ってhttp://www.geocities.jp/sjtsunoda/に行くとページ中盤の「Coffee etc(珈琲に纏わるあれこれ)」というところにすごい量のレポートコンテンツがあった。

「KAFA工船」で検索すると、流石有名な珈琲屋さんだけあっていろいろレポートが出てくるので検索してみてください。

ちなみについこの前書いた「書籍『わたしがカフェをはじめた日』」の書籍の中にもKAFE工船さん(の瀬戸さん)がご登場されます。

いたるところでレポートやレビューがなされてますし、今更ながらなのと何を書くにしても僭越過ぎて僕が何を書くことはないです。
とにかく、濃い深煎り(KAFE工船さんの言い方だと「深ヤキ」ですが、僕はいまだに「煎り」という言葉を使わせてもらってます)のコーヒーが好きな僕にとっては、大好きなお店の1つです。家や職場の近くにあるなら毎日通いたいところ。

インド(深ヤキ)のこってり

いろいろなお話をお聞きしたかったのですが、お忙しいところ何も持たずにお聞きする無礼を乗り越える勇気を出すことが出来ず、ただただ珈琲の写真を撮っていいですか?とお聞きしたところご快諾いただき、お店の写真を撮っていいですか?とお聞きしたところこちらもご快諾頂いただき、ありがとうございましたとお伝えしたい。あと人見知りを治したい。
帰り際に浅ヤキのコロンビアを購入させて頂き、美味しく飲ませていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Amazon Link

Sponsored Link

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>