「すいらて」さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すいらて

「すいらて」さん。
お店の名前だけ見ると何の店かよくわからないと思いますし僕もお店の名前の由来を聞くのを忘れて結局わからないのですが、自家焙煎珈琲屋さんです。ごはんや雑貨も取り扱ってらっしゃるようです。

http://ameblo.jp/cafe-suilatte/(すいらてさんのブログ)

http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28037848/(食べログ)

半年に一度用事があって神戸の花隈に行くんですけどね、いつもは用事が終わったらすぐに元町商店街か元町高架下商店街通称もとこうに行くんですが、今日は知り合いの方に教えていただいた「ヨムパン」というカフェへ。ヨムパンさんに関してはまた別に書くとして、今日は「すいらて」さんのお話。
ヨムパンさんの近くにある自家焙煎珈琲屋さんで、ヨムパンさんでコーヒーとフォカッチャを頂いたあと寄らせていただきました。

ちなみに花隈駅はここ。神戸からほど近い場所です。

http://goo.gl/sBuUHf

さて、そのすいらてさん。特徴的なのが珈琲豆の販売方法。一般的に珈琲豆を販売されてるところだと”既に焙煎した珈琲豆”を提供されてると思うのですが、すいらてさんは一味違います。
すいらてさんでは、”注文をうけてから生豆をその場で焙煎”してご提供されています。つまり一番鮮度の良い焙煎珈琲豆をご提供されてるのですね。いわゆる”出来たて”。

写真はお店に入ってすぐのレジなのですが、見ての通り生豆をずらっと並べてらっしゃいます(生豆と言うのは焙煎前の珈琲豆のこと。焙煎された豆は茶色〜濃い焦げ茶ですが、生豆は薄い緑色をしています)。置いてらっしゃる珈琲豆の種類は、グァテマラやコロンビアの一般的に有名と思われる珈琲豆も置いてらっしゃるのですがペルーやインドなど、普通のお店ではあまり見かけない珈琲豆を売ってらっしゃいます。気立ての良い店員さんがこちらの好みを聞いてくれて最適なものをオススメしていただけたり、珈琲豆の特徴をきちんとご説明してくれます。

その時お願いしたのは「すいらてブレンド」と「モンスーン」というインドの珈琲豆をそれぞれ100gづつを豆のまま。家に帰ってすぐに飲みました。「すいらてブレンド」はこれぞ珈琲というイメージの味でコクが強く軽やかな酸味があり苦味もほどよく非常に美味しくいただきました。また「モンスーン」は芳ばしさの香りが強い、軽やかな味のする珈琲でした。

ちなみに出来たてよりも、焙煎してから24時間後にいただくのが一番美味しいとのこと。明日もまた飲んでみよう。

店員さんがとても気立ての良い方で、丁寧に説明していただきとても気持ちのよいお店。

お店の中でも飲むことが出来て、雑貨も売ってらっしゃるカフェとのことなのですが、今日は珈琲豆を購入させていただいただけなので、お店の中では飲まず雑貨も見てないため。次行った時はお店の中で飲んで雑貨も見てみよう。

というわけで「すいらて」さんのお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Amazon Link

Sponsored Link

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>